HOME > M100 OS 2.xの特徴

M100OS 2.xの特徴

M100スマートグラス向けの新しいM100 OS2.xソフトウェアを提供します。



M100スマートグラスはあなたの目の前にデジタルワールドと前例のないハンズフリーコンピューティングによる情報へのアクセス、データ収集、双方向のワークフロー情報を提供します。
OS 2.0にアップデートされたM100スマートグラスの特徴と可能性は全体的に新しく改善されています。
OS 2.0はユーザーによる数ヶ月によるフィードバックの結果です。
Vuzixはこの フィードバックを活かし、下記のような特徴を可能にしました。

- すべての新しいユーザーインターフェイスに含まれます。
o インターネット接続の必要のないNuanceボイスコントールを内部に搭載
o ハンドジェスチャーコントールを搭載
o 新しい共通ボタンコントール

- すべての新しいパートナーアプリケーション はAndroidデバイスや近日公開されるiOS向けの管理アプリケーションを通して、M100スマートグラスを管理ならびにコントールします。
o パートナーアプリケーションはネイティブ・レガシー両方のM100 Androidアプリケーションをサポートします。

- 将来のOSリリースにおいて簡単にアクセスできるOver-the-air (OTA) アップデートを搭載
- ボイスコールのためのBluetooth接続

- BLEを可能にしたBluetooth 3.0とiOSをサポート

- 長いバッテリー駆動とよりよい温度パフォーマンス制御のために、重点的に改善された電源管理

- 開発者のための新しい SDK

Vuzix M100スマートグラスO.S2.xはAndroid Version 4.0.4を基に多くの可能性と完全な新しいユーザーインターフェイスをもちます。

完全に再デザインされたユーザーインターフェイス:

M100ランチャーはカルーセルスタイルのデスクトップになりました。スタンドアローン操作において音声、ジェスチャー、ボタンを自然にコントールできます。


デバイスパートナー管理アプリケーションはBluetoothを通じてM100に接続し、M100のカルーセルを操作するために合わせて設計されています。
M100と管理アプリケーションのカルーセルを同期することでM100スマートグラスで動いているネイティブのM100とレガシーAndroidアプリケーションの両方を簡単にコントロール・ナビゲーションできます。




NOTE: Vuzixスマートグラスは複数の特許と出願中特許を持ち合わせています。

OS 2.x ユーザーインターフェイス

ボイスナビゲーション

OS 2.xのボイスナビゲーションはNunanceの認識エンジンを搭載し、アプリケーションをボイスコマンドで操作可能です。
この認識はM100の内部で動作し、インターネット接続を必要とせず、素早い処理結果を得ることはできます。
開発者は独自のボイスライブラリーを独自のアプリケーションの中で利用するためにリクエストすることができます。
認識されるボイスコマンドのリストは定期的に増えます。

アプリケーションの名前の前に”GO”をつけて、ボイスコマンドを言うことで即ザイの多くのM100のアプリケーションを起動できます。例えば:

Go Audio Recorder
Go Calculator
Go Calendar
Go Camera
など…..

OS 2.x M100 ソフトウェア “コア”

M100上のOS2.0には多くのネイティブもしくはスマートフォン向けのアプリケーションがプリインストールされていて、Androidパートナーデバイスのためのアプリケーションがあります。

スマートグラスマネージャー

スマートグラスマネージャーはM100のアプリケーションを管理するために作られており、あなたのデバイスから新しいアプリケーションをM100にインストールできます。
新しいOS 2.0スマートグラスマネージャーはスマートフォンやタブレットなどの多くの Androidパートナーデバイスにインストールできます。
M100スマートグラスマネージャーアプリケーションはパートナーデバイス上動いている管理アプリケーションを通して、M100上で動いているアプリケーションが表示され、伝統的なタップやドラッグ形式のインターフェイスを提供します。
パートナーデバイスのスクリーンを使って、M100にインストールされたアプリケーションのメニューを起動したり管理するのと同様にスクロールできます。
パートナーデイバイス上のバーチャルキーボードやマウスでM100上においてもキーボードやマウスの操作が可能になります。

マネージャーとカルーセル

パートナーデバイスマネージャーアプリケーションは M100のカルーセルと同期させるために用いられます。
下記に示すように、全てのM100上のカルーセルにあるアプリケーションはパートナーデバイスのアプリケーション上のカルーセルに現れます。
マネージャーアプリケーションはM100のカルーセルと同期し、パートナーデバイスとM100の動き(回転)が一致しています。
パートナーデバイスマネージャー上のアイコンを選択すると、M100上のアプリケーションが起動します。
典型的なM100のネイティブアプリケーションはマネージャーアプリケーションまたはM100のボイスコントロール、ボタン、ジェスチャー入力を使って完全に操作することができます。

M100ネイティブアプリケーションの動作

OS 2.xのM100ではネイティブのM100アプリケーションと多くのAndroidベースのレガシーアプリケーションが動作します。
カメラのようなネイティブM100アプリケーションの動作の場合は、パートナーデバイス上でカメラアイコンが選択された時にM100上のカメラアプリケーションを起動することができ、マネージャー上でカメラの操作が全て行うことができます。
M100本体での操作やマネージャーアプリケーションでの操作で、M100上で動いているカメラアプリケーションを操作することができます。

レガシーアプリケーションの動作

M100上で動作しているAndroidベースのレガシーアプリケーションは動作されすためにキーボードやマウスが必要になることがよくあります。M100上の検索、ブラウザのレガシーアプリケーションをマネージャーから選択した時、パートナーデバイスマネージャーアプリケーションはここに示すようにキーボードやマウスを提供します。キーボードの上側のスペース がM100のためのタッチパッドになり、キーボード入力が必要な時には、自動的にキーボードが表示されます。


OS2.x ネイティブアプリケーションツアー

M100にプリインストールされているOS 2.x向けの多くの基本アプリケーションは、新しいOS2.xの能力を利用し、ネイティブアプリケーションとして設計されています。これらはいくつかの例です。

オーディオレコーダー


オーディオレコーダーアプリケーションはネイティブM100アプリケーションです。音声、ボタン、ジェスチャーやパートナーデバイスにインストールされたスマートグラスマネージャーを使って操作することが可能です。
サポートしているボイスコマンドの例:
record audio, pause recording, resume recording, delete recording,
go library, go audio recording

カレンダー


カレンダーアプリケーションはパートナーデバイスのカレンダーと同期するために設計されたネイティブM100アプリケーションです。音声、ボタン、ジェスチャーやパートナーデバイスにインストールされたスマートグラスマネージャーを使って操作することが可能です。
サポートしているボイスコマンドの例: Scroll Down, Scroll Up, Next Day/Week/Month/Year, Previous Day, Stop/Halt, View calendar for <date>


パートナーデバイス上のカレンダーアイコンを押して、ご覧のように日付を変更したり、当日や指定日のイベントカレンダーを表示します。

カメラ


カメラアプリケーションはネイティブM100アプリケーションです。音声、ボタン、ジェスチャーやパートナーデバイスにインストールされたスマートグラスマネージャーを使って操作することが可能です。
サポートしているボイスコマンドの例: focus, zoom, take picture, take video, start recording, stop recording


パートナーデバイス上のカメラアイコンを押して、ご覧のように写真もしくはビデオモードを選択でき、カメラもしくはビデオを押すことで、写真やビデオを撮影できます。

時計


時計アプリケーションはネイティブM100アプリケーションです。音声、ボタン、ジェスチャーやパートナーデバイスにインストールされたスマートグラスマネージャーを使って操作することが可能です。
サポートしているボイスコマンドの例: go clock, go stopwatch, go timer, start, resume, stop, halt, reset timer


パートナーデバイス上の時計アイコンを押して、ご覧のように時計、ストップウォッチ、タイマーモードを選択できます。このインターフェイスを通してM100に設定し、開始を押します。

連絡先


連絡先アプリケーションはパートナーデバイスの連絡先データベースと同期するために設計されたネイティブM100アプリケーションです。音声、ボタン、ジェスチャーやパートナーデバイスにインストールされたスマートグラスマネージャーを使って操作することが可能です。


パートナーデバイス上の連絡先アイコンを押して、M100の連絡先を起動します。「同期」を押すことでパートナーデバイスの連絡先からM100へ同期されます。名前を選択し詳細を開き、電話、Eメール、ショートメッセージ(SMS)などを送ることができます。パートナーデバイスを通してM100を使うことでハンズフリーヘッドセットのように利用できます。M100は画面上に連絡先の情報を表示することもできます。

ギャラリー



ギャラリーアプリケーションはM100スマートグラスで撮影した写真やビデオを管理したり、パートナーデバイスに移動・コピーしたりできるネイティブM100アプリケーションです。M100上の画像やビデオをランチャーを使うことで、ソーシャルメディアサイトに直接接続することができます。ギャラリーアプリケーションは音声、ボタン、ジェスチャーやパートナーデバイスにインストールされたスマートグラスマネージャーを使って操作することが可能です。



パートナーデバイス上のギャラリーアイコンを押して、M100上のギャラリーを起動します。パートナーデバイスはM100の中にある撮影されたすべての写真やビデオを表示します。スクロールすることでM100に表示されます。M200からパートナーデバイスにコピーするには、「コピーを保存」ボタンを押します。

スキャナー



QRコードやバーコードを作成するには、QR Droidのウェブサイト(http://www.qrdroid.com )をオススメします。M100のスキャナーはこのQR Droidソフトウェアがベースになっています。


パートナーデバイスのスキャナーアイコンを押して、M100のスキャナーを起動します。スキャナーは起動され、即座にスキャンモードになります。2Dもしくは1Dバーコードはスキャンされ、ウェブ検索、詳細を確認します。スキャナーはWi-Fiホットスポット、ウェブサイトに自動的に接続したりするために利用されたり、マーケティングや広告のQRコードを読み込めます。